KES株式会社
金沢エンジニアリングシステムズ

新入社員の声

毎月のテーマに沿って新入社員の声をご紹介いたします。

  • 4月

    テーマ
     「社会人1年目の目標」

    M.F.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    私の社会人1年目の目標は、たくさんのことを素直に吸収する1年にすることです。
    これから、わからないことや知らないことがたくさんある日々を送ると思います。わからないことに対して、質問をしたり調べたりして吸収していきたいと思います。
    何事も素直に吸収することで、自分の成長に繋がると考えています。日々、目の前のことに対して一つずつ素直に取り組み、吸収する1年にしたいです。

    H.R.
    専門学校
    情報処理学科

    私の社会人1年目の目標は、良い人間関係を築くことです。
    私はこれまで目上の人と関わる経験があまりありませんでした。雰囲気で敬語を使っていたり、振る舞いが良くなかったこともあると思います。
    ヒューマンスキル研修や上司と1対1で話す場面もある技術研修、配属後の業務を通して、振る舞い方を正し、誰とでも良い雰囲気で話し合いができるようになりたいです。

    I.H.
    県内高等学校
    総合情報ビジネス学科

    私の目標は毎日元気に出社することです。
    体調管理は当たり前のことですが、基礎から崩さないようにしたいです。
    また、1年目はミスもたくさんすると思います。そんな時に会社に行きたくないと思うこともあると思うのですが、落ち込みすぎず、成長へのきっかけだと明るく切り替えて毎日元気に出社したいです。

  • 5月

    テーマ
     「入社を決めた理由は?」

    H.R.
    専門学校
    情報処理学科

    私が入社を決めた理由は、IT企業の中でも医療系の製品開発に携わっていたからです。
    母親が医療従事者なこともあり、体の不自由な方の助けになる装置の開発に携わりたいと考えていました。
    ですが、新人研修で開発している他の製品の話しを聞いて、医療機器に限らなくても誰かの助けになるモノが作れることに気付きました。
    自分がどの配属先になるか分かりませんが、誰かを助けるモノづくりだということを頭に置いて頑張りたいです。

    O.H.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    私が入社を決めた理由は、会社説明会の社長のお話で、社員を大切にしていることがとても伝わってきたからです。
    特に、これからのライフワークをどのようにするかは社員自身が決めていくことだという内容が印象に残っています。
    入社してからも福利厚生の面ではもちろん、社員の人生を尊重している部分がたくさん感じ取れて、KESに入社してよかったなと思います。

    T.K.
    金沢大学
    人間社会学域 法学類

    私がKESに入社を決めた理由は、IT系の企業を探して就職活動を進める中で、ソフトウェアだけでなく、ハードウェアにも関わる組み込みソフトウェアに興味を持ったからです。
    今はまだプログラミングの勉強だけで精一杯ですが、いずれはハードウェアのほうの知識も身に付けていきたいと思っています。

  • 6月

    テーマ
     「GWは何をしましたか?」

    T.A.
    公立小松大学
    国際文化交流学部
    国際文化交流学科

    友人宅で友人の誕生日を祝う鍋パーティーをしました。ギリギリ季節外れでしたが、私にとっては何を食べるかではなく誰と食べるかが大切です。なので、気の許せる友人と同じ鍋をつついて、たくさん笑いあって幸せな時間を過ごしました。これからは、今まで集まれていた友人ともなかなか集まれないと思うので、こういった機会が出来たときには精一杯楽しい時間を満喫しようと思います。

    M.S.
    金沢工業大学
    情報フロンティア学部
    経営情報学科

    ゴールデンウィークは実家に帰省していました。私は社会人になってから一人暮らしをしており、なかなか実家に帰れませんでした。そのため、久しぶりに両親と一緒に食事に行ったり、ショッピングをしたりしました。
    両親とゆっくり過ごすことができ、充実したゴールデンウィークになりました。

  • 7月

    テーマ
     「初任給は何に使いましたか?」

    S.R.
    金沢大学
    理工学域 機械工学類

    KESの給料日は10日なので初任給は5月10日でした。
    母の日が近かったので親への感謝のしるしに実家は県外で一緒に食事などに行くのは難しかったため、初任給でソープフラワーを送りました。
    その後、残りの初任給は自分のために使おうと思い、おいしいお肉を食べに行きました。

    N.T.
    県内高等学校
    機械システム科

    母の誕生日に何も買うことができなかったので、母の日も含めて、母の好きなアーティストのCDを
    20枚ほどプレゼントしました。プレゼントしたときにとても喜んでいたので、こっちも少し嬉しくなりました。
    私もそのアーティストの曲が大好きなので、母からCDを借りて、通勤時に聞きたいと思っています。

    M.Y.
    専門学校
    情報処理学科

    ご飯を家族に御馳走しました。居酒屋に行って貝を焼いて食べたり、お刺身を食べたりしながら家族と仕事の話などをして楽しく過ごしました。いつもお世話になっている家族に初任給で少し恩返しをすることが出来てよかったです。残りのお給料は将来のために貯金をしたいと思います。

  • 8月

    テーマ
     「新人研修でどのようなことを感じましたか?」

    O.H.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    報連相の大切さを実感しました。
    技術研修では、指導役の先輩との連携をとるために、報連相がとても重要でした。本業務に入ったときに、報連相ができなかったらどうなってしまうのかを理解する貴重な経験になりました。
    また、リレーマラソン研修では、同期13人で協力して、1つのプロジェクトを動かしました。報連相をしっかりと行ったことで、それぞれの役割同士で連携でき、成功させることができました。

    H.Y.
    金沢工業大学
    工学部 情報工学科

    積極性と工夫が重要だと感じました。特にスピーチ研修とリレーマラソンの準備を通してそのように考えるようになりました。どちらの研修でも自らが積極的に行動しないとその研修自体の進行の遅れが顕著に表れやすかったため積極性の重要性について考える良い機会だったと考えました。また、同期や先輩社員の良い工夫なども多く発見できたためそれを模倣して自らのスキルアップに繋げたいと考えました。

    Y.H.
    鳥取大学
    地域学部 地域学科

    「研修が2か月」というと長く感じますが、終わってみるとあっという間でした。研修は2種類存在し、技術面とコミュニケーション面で成長することができたと感じています。また、研修を通じて、同期の人たちのも交流を重ねることができるので仲を深めるチャンスにもなります。

  • 9月

    テーマ
     「KESに入社して驚いたことは?」

    I.H.
    県内高等学校
    総合情報ビジネス学科

    興味を持ったことはとことんやらせて貰えるということです。
    KESでは色々なクラブ活動ができ、経験者に限らず、興味を持っていれば誰でも参加できます。また夏イベントではアイディアコンペをしており、新人でも発表しやすい、何事にも挑戦しやすい環境が整えられていると感じます。

    T.A.
    公立小松大学
    国際文化交流学部
    国際文化交流学科

    業務フロアでVRを実際に装着して、開発している人がいたことです。そういったものにあまり触れてこなかったので、初めて見たときにすごく驚きました。そこで、IT企業に入社したことを強く実感しました。これから最先端の技術をたくさん見る機会があるのかと思うと、とてもワクワクしています。

    N.T.
    県内高等学校
    機械システム科

    職場の雰囲気がとても明るいことです。私は社会人になってからは人と人のつながりが仕事上でのつながりしかなくなり、雰囲気が暗くなるのではという先入観を持っていたのですが、
    実際KESに入社してみると先輩や上司の方たちが積極的に話しかけてくれて、
    とても明るい雰囲気だったので、明るい気持ちで日々を過ごせています。

  • 10月

    テーマ
     「社会人になってから新たにチャレンジしたこと」

    H.R.
    専門学校
    情報処理学科

    私はプチ旅行を始めました。社会人になってもコロナと共生する毎日は続いていますが、学生時代は親が医療従事者なこともあり、県外に遊びに行くことは許されていませんでした。成人を迎え社会人になったため、遊びに行くこと自体は禁止されなくなったので先日初東京に行きました。有名な観光名所や都会のお店はどれも新鮮で圧倒されました。これからもっとたくさんの場所に行っていろんな景色を見て回りたいと思います。

    T.A.
    公立小松大学
    国際文化交流学部
    国際文化交流学科

    デジタルデトックスができる趣味を探していて、新たに編み物に挑戦しました!インスタグラムで帽子を作っている人を見て、最終的にはこれくらい作れるようになるぞと意気込んで始めました。まず初心者向けのものを探し、小さなお花を編むことにしました。余裕だろうと思いながら編んでいくと、開始5分でもう形が違うんです。その後どれだけやってもお花にはならず、帽子を編む夢は消えていきました。。

    H.Y.
    金沢工業大学
    工学部 情報工学科

    社会人になってから余り運動しなくなったため最近筋トレを始めました。筋トレなら家で隙間時間にできて場所や時間のことを余り考えずに手頃に始められると考えたのが理由です。毎日5分程度で腕立てやスクワットを行っています。余りきついメニューにするとめんどくさくなって継続できないのでまずは筋トレを生活習慣に組み込むために夜寝る前に行って寝つきを良くするためのルーティーンにしています。

  • 11月

    テーマ
     「先輩社員の紹介」

    O.H.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    憧れの指導役の先輩を紹介します。とても技術力の高い方ですが、教えてくださるときは新人の私でも分かる言葉で丁寧に教えてくださいます。サポート面談で相談事をしたときには、的確に優しく回答してくださるおかげで、悩みなく仕事を続けられています。技術面でもメンタルや考え方の面でもとてもお世話になっており、感謝と尊敬でいっぱいです。私も先輩のような先輩社員になりたいと思っています。

    H.R.
    専門学校
    情報処理学科

    私のサポートの先輩について紹介します。その先輩にはとてもしっかりしているという印象を持っています。対応した業務について、自分用に内容をまとめたり、後から必要になった際にすぐに情報を提供することができるように日頃から心がけていらっしゃいます。そのため、周りの先輩にも頼りにされていることが業務中にもよく見られます。

    M.F.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    私の指導役をしてくださっている、Sさんについて紹介します。配属された当初、不安でいっぱいだったのですが、とても気にかけてたくさん話しかけてくださったおかげで自然と新しい環境に慣れることができました。Sさんの優しさのおかげで、自分から質問をすることにも慣れることができました。私も後輩ができたときには、Sさんのように話しかけやすい雰囲気の先輩になりたいです。

  • 12月

    テーマ
     「仕事のやりがい」

    T.K.
    金沢大学
    人間社会学域 法学類

    私が仕事のやりがいを感じるのは、機能について深く理解することができたときです。
    最初は表面的にしか理解できていなかった機能が、後から調査するにつれて、実際にどのような過程を経て行われているかや何のために実装されているかなどについて知ることができたときに大きな喜びを感じます。

    S.R.
    金沢大学
    理工学域 機械工学類

    私が仕事にやりがいを感じるのはプログラムの実装がうまくいったときです。
    プログラミングに今までほとんど触れてこなかったためわからないことばかりですが、試行錯誤をして自分の考えた通りにプログラムの実装ができたときはとても達成感があり、やりがいを感じます。

    M.Y.
    専門学校
    情報処理学科

    私はプログラムのバグを修正した時にやりがいを感じます。バグの原因を見つけ、修正案を考えて思い通りに修正出来たときに達成感を感じます。
    修正を何度も行うことで、少しずつ修正出来るバグの幅が広がっていくため、スキルアップしている出来ていることを感じられます。

  • 1月

    テーマ
     「仕事上心がけていること」

    M.S.
    金沢工業大学
    情報フロンティア学部
    経営情報学科

    色々なことに対してメモを取ることを心がけています。
    先輩に分からないところを聞くときなどは当たり前なのですが、普段の業務や社内業務などでの気づきや手順などをマニュアル化することで、自分が躓いたときにメモを見直すことで解決方法が見つかったり、他の人とも共有することがしやすくなります。

    Y.H.
    鳥取大学
    地域学部 地域学科

    わからないことは早めに確認を取ることです。あいまいなまま作業を続けると後に手戻りが発生し、無駄に時間がかかることがあります。このようなことが起きないようにするために先輩や作業指示者に質問をすることを心がけています。また、聞いたことはノートやPC内にメモすることで見返すことができるようにしています。

    N.T.
    県内高等学校
    機械システム科

    私が仕事上心がけていることは、自分の進捗具合を定期的に確認することです。
    チームで仕事をするうえで、現在自分に割り振られている作業がどのくらいで終わるのかの目途を立てることはとても大切になると思っています。
    そのため、今自分の行っている作業がどのくらい進んだのか、このペースならあとどのくらいで完了するかなどの確認を心がけるようにしています。

  • 2月

    テーマ
     「就職活動中の学生へ」

    M.F.
    金沢学院大学
    文学部 文学科

    就職活動は長く、先が見えにくいためしんどいと感じることも多いかと思います。ですが、自分と向き合う良い機会であり、様々な業界、職種を知れる期間だと思います。最終的に就職するのは、一つの業界、企業であるため、様々な業界、企業の内部まで見られるチャンスは今しかないかと思います。辛く長い時間に感じるかもしれませんが、視点を変えてみると楽しく感じられるかもしれません。皆さんの努力が実を結びますように。

    M.Y.
    専門学校
    情報処理学科

    就職活動は、自分自身を知り、自分の強みを見つける良い機会だと思います。自分がどういう人間で、どういう仕事が向いているのかを考えて、自分の納得のいく仕事に就くことが出来るように、就職活動を頑張ってください。自分自身を信じ、自分の強みを活かせる仕事を見つけることをお勧めします。

    T.K.
    金沢大学
    人間社会学域 法学類

    弊社は、入社してから約2か月間プログラミングの研修を受けることができるため、今までにプログラミングを勉強していなかった方でも、安心して業務に携わることができます。私自身文系出身でしたが、この研修で十分プログラミングの知識を身に付けることができたので、文系の方にもおすすめできる職場です。皆さんのご応募お待ちしております。

  • 3月

    COMMING SOON

    3/1(金)公開予定